■ ご注文方法 ■

【1】購入される場合は、数量を確認のうえ「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。カートに商品が入ると、「カートの中身」が表示されます。

【2】数量の変更やカートからの削除は「カートの中身」をクリックした画面でおこなえます。

【3】「レジに進む」と、お客様情報の入力にうつります。
※印の必要事項を記入し、右下の「オーダー確認」ボタンをクリック、記入内容をご確認のうえ、「オーダー送信」ボタンを押してください。

★ギフト購読など、ご注文者とお届け先が違う場合、また領収書の発行ご希望などは【備考】欄にご記入ください。

★以下の検索ボックスで記事タイトルや執筆者名で内容・目次を検索できます。
★在庫切れの『We』も目次を掲載しています。注文はお受けできませんが、お近くの図書館や女性センターの図書室等でご覧ください。
★2004年度以前の『We』については、お問い合せください。
  • 『We』定期購読(年6冊)
    『We』定期購読(年6冊)
    5,400円
    『We』は偶数月10日発行の雑誌です。

    全国どこでも直接お届けします。
    毎号の『We』を発行日にご自宅や職場へ直接お届けします。送料が割引になり、お買い忘れもありません。送料は含まれています。

    ご希望の号よりお送りします。「この号から」と注文書の【備考】欄にご記入ください。



  • 『We』ギフト購読(年6冊)
    『We』ギフト購読(年6冊)
    5,400円
    毎号の『We』をご指定のお届け先へ、お送りします。

    ギフトご注文の際には、お届け先のお名前・ご住所を、注文書の【備考】欄にご記入ください。送料は含まれています。

    ご希望の号よりお送りします。「この号から」と注文書の【備考】欄にご記入ください。




  • We203号(2016年8・9月)
    We203号(2016年8・9月)
    864円

    特集:

    出会いとつながりに〈希望〉を託す


    【インタビュー】加藤 功甫さん

    グローバルでローカルなまちの寺子屋




     【インタビュー】北村記世実さん

    仕事づくりでつなぐパレスチナの希望



    ※定期購読のみなさまには7/26(火)に発送します。
  • We202号(2016年6・7月)
    We202号(2016年6・7月)
    864円

    特集:

    悩みつつ、しなやかに


    【お話】赤城修司さん

    僕の見た福島

    悩みながら、それでも撮り続ける




     【インタビュー】雅子さん

    認知症になってもたのしく暮らしたい(3)



    ※定期購読のみなさまには5/31(火)に発送します。
  • 学校でしなやかに生きるということ
    学校でしなやかに生きるということ
    1,620円
    著者:石川 晋

    1章 教室をめぐる21の風景 
       1)学校にあふれる「善意」のことなど 
       2)トラブルは自分たちで解決する 
       3)「横並び文化」の中での学級通信
       4)さよなら選択教科
       5)育児休暇で考えたこと
       6)職場復帰を前にして考えていること
       7)職場に復帰して   
       8)保育所と中学校の間 
       9)「雑談」ってステキなのに… 
       10)教科室がほしい
       11)「教師教育」問題を考える
       12)成績開示
       13)「学び方」を学びあう時間  
       14)自己検閲について考えた
       15)ぼくが教室担任をすることの幸せと不幸せと
       16)宿泊学習
       17)不織布的教室づくり -- 鈴木哲実学級を見る
       18)一年間に三回だけの個人面談
       19)修学旅行
       20)夏休みに考えたこと 
       21)いじめアンケート 
    2章 対談 江口凡太郎・石川晋 --  十年後の子どもたちを想像しながら
    3章 しなやかに、したたかに
  • We201号(2016年4・5月)
    We201号(2016年4・5月)
    864円

    特集:

    ずっと変わらずここにいる


     【インタビュー】崔江以子さん

    共に生きようと呼びかける




    【寄稿】石橋 学

    心は殺されたまま

    ヘイトスピーチ規制が急がれるわけ



    ※定期購読のみなさまには3/29(火)に発送します。
  • We200号(2016年2・3月)
    We200号(2016年2・3月)
    864円

    特集:

    私にも何かできることがある


     【インタビュー】信恵勝彦さん・田中トシノリさん

    ヒーローはみんなのそばにいる

    映画「スーパーローカルヒーロー」が問いかけるもの



    【お話】石井正宏さん・鈴木晶子さん・松田ユリ子さん・黒川祥子さん

    すべての人をフレームイン

    学校を開いて地域につなぐ「ぴっかりカフェ」


    *ぜひ、196号の石井正宏さんの記事「高校図書室を就業支援カフェに」を併せてお読みください。

  • We199号(2015年12・1月)
    We199号(2015年12・1月)
    864円
    特集:
    何があってもたのしく

     【インタビュー岡本 溢子さん 
    すき間があるから何かが生まれる
    ―コミュニティカフェを中心に「たのしい」でつながる


    【インタビュー】雅子さん
    認知症になってもたのしく暮らしたい(2)
    *ぜひ、197号の記事と併せてお読みください。


    寄稿宮﨑黎子さん・斉藤道雄さん 
    戦後70年〈戦争が奪ったもの〉をたどる
  • We198号(2015年10・11月)
    We198号(2015年10・11月)
    864円
    特集:
    “希望”をつなぐ― 若い世代の挑戦


    ●Weフォーラム2015 in 水俣 報告

     【お話】杉本 肇さん・日塔 マキさん・重松美奈子さん 
     もやい直し― 水俣と福島のこれからを語ろう 

    【お話】谷 由布さん・永野 三智さん 
    水俣病を語り継ぐ
    ― 支援者第二世代が語る水俣の今
  • We197号(2015年8・9月)
    We197号(2015年8・9月)
    864円

    特集:

    こっちの生き方のほうが楽しいよ 



     【インタビュー】安藤 栄作さん 

    何もないところから生まれる自由 


     【インタビュー】陳 天璽さん

    人とのつながりが拠り所になる


     【インタビュー】英子さん

    認知症になっても楽しく暮らしていきたい

(全商品:103点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索