フェミックスの出版物

■ ご注文方法 ■

【1】購入される場合は、数量を確認のうえ「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。カートに商品が入ると、「カートの中身」が表示されます。

【2】数量の変更やカートからの削除は「カートの中身」をクリックした画面でおこなえます。

【3】「レジに進む」と、お客様情報の入力にうつります。
※印の必要事項を記入し、右下の「オーダー確認」ボタンをクリック、記入内容をご確認のうえ、「オーダー送信」ボタンを押してください。

★ギフト購読など、ご注文者とお届け先が違う場合、また領収書の発行ご希望などは【備考】欄にご記入ください。

★以下の検索ボックスで記事タイトルや執筆者名で内容・目次を検索できます。
★在庫切れの『We』も目次を掲載しています。注文はお受けできませんが、お近くの図書館や女性センターの図書室等でご覧ください。
★2004年度以前の『We』については、お問い合せください。
  • 学校でしなやかに生きるということ
    学校でしなやかに生きるということ
    1,620円
    著者:石川 晋

    1章 教室をめぐる21の風景 
       1)学校にあふれる「善意」のことなど 
       2)トラブルは自分たちで解決する 
       3)「横並び文化」の中での学級通信
       4)さよなら選択教科
       5)育児休暇で考えたこと
       6)職場復帰を前にして考えていること
       7)職場に復帰して   
       8)保育所と中学校の間 
       9)「雑談」ってステキなのに… 
       10)教科室がほしい
       11)「教師教育」問題を考える
       12)成績開示
       13)「学び方」を学びあう時間  
       14)自己検閲について考えた
       15)ぼくが教室担任をすることの幸せと不幸せと
       16)宿泊学習
       17)不織布的教室づくり -- 鈴木哲実学級を見る
       18)一年間に三回だけの個人面談
       19)修学旅行
       20)夏休みに考えたこと 
       21)いじめアンケート 
    2章 対談 江口凡太郎・石川晋 --  十年後の子どもたちを想像しながら
    3章 しなやかに、したたかに
  • 病は道連れ
    病は道連れ
    1,296円
    著者:木村榮 / 四六判並製 / 208ページ / 定価1,200円+税

    がんと共に生きる日々から見つけた“希望”


    木村榮さんががんと共に生きる日々の中で身を削るようにして書き遺したのは、生き難さを抱え<病>に翻弄されることの多かった自らの人生にいったいどんなの意味があったのだろうか、自分は最後にそれをどうやって受け入れ、肯定していけるのだろうか、という問いをめぐっての物語でした。
    パンドラの箱を開けた底に残る<希望>のように、読み終わった後に澄み切った明るさが広がります。
  • つながる力―東日本大震災としょうがいのある人の暮らし
    つながる力―東日本大震災としょうがいのある人の暮らし
    2,160円
    社会福祉法人つどいの家・著

    つながる力
    ―東日本大震災と
       しょうがいのある人の暮らし


    A5判・192ページ・定価 2,100円

    重いしょうがいのある人が地域で普通に暮らせるよう先駆的な事業を展開してきた仙台の「社会福祉法人つどいの家」

    東日本大震災で自ら被災した中で、職員たちは家族と仕事との間で引き裂かれ葛藤しながら、しょうがいのある利用者の暮らしを維持することに力を尽くした。

    二年余りの活動記録は、利用者家族の経験も交え、被災時の困難と災害時の備えとして何が有効だったかを伝える。地域、人、情報のつながる力こそが大切だという防災への貴重な提言。
  • 女友だち
    女友だち
    1,620円
    著者:木村榮 / 四六判 / 192ページ / 1,620円

    女同士の支えあいに希望を託す「女友だち」の物語


    「ちょっと手を伸ばせば届く"友だちのいる人生"を手に入れて、女たちに元気に生きてほしい」という木村さんの思い、ユーモラスに描かれる友だち関係のエピソード、《女の友情》の視点から読み解く映画や本の一コマ…それらが織りなされた、味わい深いエッセイです。
  • ベーシックインカムは希望の原理か
    ベーシックインカムは希望の原理か
    1,296円
    1,500円+税1,200円+税

    編集:フェミックス A5判 112ページ
    著者:白崎一裕・小沢修司・山森亮・堅田香緒里・稲葉剛・竹信三恵子・西川正

    人間や労働の価値をお金だけで考えるのをやめる

    ベーシックインカム(BI)とは、「人間として尊厳ある生活を営むためのお金を、水や空気と同じように、無条件ですべての個人に保障する」という政策構想です。

    「働くこと」と「生きるために必要なお金を得ること」を切り離していいのではないか

    《誰もが安心して生きられる仕組み》を実現するためにどうしたらいいかを探って『We』が一年かけて特集した記事をまとめました。BIについて様々な切り口からアプローチした、これ1冊でBIのエッセンスがわかると好評です。
  • 障害児もいるよ ひげのおばさん子育て日記
    障害児もいるよ ひげのおばさん子育て日記
    1,296円
    1,600円+税1,200円+税
    著者: 中畝常雄・中畝治子 A5判並製 160ページ

    この本は、重度の障害児の長男・祥太くんと二人のきょうだいを、日本画家の仕事と家事・育児を妻と交替しあい、周りの手助けも引き込んで育てた「ひげのおばさん」こと、中畝常雄さんの子育て奮戦記です。
  • わたしのニキ(個人価格)
    わたしのニキ(個人価格)
    4,320円
    販売: フェミックス(「ニキ美術館サポーターズ・クラブ」事務局) 
    2007年度作品(90分)

    ニキ美術館は造形作家ニキ・ド・サンファルの作品に魅せられた増田静江さんが 1994年に那須の別荘地に建てた、世界でただひとつの、ニキの作品だけを集めた美術館(2009年8月末をもって閉館)。
  • わたしのニキ(ライブラリー価格)
    わたしのニキ(ライブラリー価格)
    32,400円
    ★ライブラリー版:購入者による無償貸出や無料上映会が可能です
    販売: フェミックス(「ニキ美術館サポーターズ・クラブ」事務局) 
    2007年度作品(90分)

    ニキ美術館は造形作家ニキ・ド・サンファルの作品に魅せられた増田静江さんが 1994年に那須の別荘地に建てた、世界でただひとつの、ニキの作品だけを集めた美術館(2009年8月末をもって閉館)。
  • 「ジェンダー論」の教え方ガイド
    「ジェンダー論」の教え方ガイド
    1,296円
    著者: 沼崎 一郎 A5判 128ページ

    ある日突然女子大で「ジェンダー論」を教えることになった著者。しかし、ありきたりの「ジェンダー論」が嫌いな著者が、大教室のマスプロ授業で、私語と携帯メールに余念がない学生たちを相手に、試行錯誤の授業の末たどり着いた結論は、「ジェンダー」にまつわるテーマのなかで一番重要なのは、彼女たちが性暴力や DVの被害者になることを防ぐための実用的な性教育であるということだった。
  • 女性とパワーハラスメント
    女性とパワーハラスメント
    1,296円
    編集:NPO法人 ウィメンズ・サポート・オフィス連 発売:フェミックス
    A5判並製 96ページ ISBN: 978-4-903579-14-6

    パワーハラスメントという言葉を最近よく耳にするようになりました。私が職場で感じているストレスや働きづらさと関係があるの?パワーハラスメントの背景には何があるの?苦しんでいる家族や友だちをどうしたらサポートできるの?そうした疑問から企画した講座の記録をまとめました。

(カテゴリー内:16点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索