■ ご注文方法 ■

【1】購入される場合は、数量を確認のうえ「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。カートに商品が入ると、「カートの中身」が表示されます。

【2】数量の変更やカートからの削除は「カートの中身」をクリックした画面でおこなえます。

【3】「レジに進む」と、お客様情報の入力にうつります。
※印の必要事項を記入し、右下の「オーダー確認」ボタンをクリック、記入内容をご確認のうえ、「オーダー送信」ボタンを押してください。

★ギフト購読など、ご注文者とお届け先が違う場合、また領収書の発行ご希望などは【備考】欄にご記入ください。

★以下の検索ボックスで記事タイトルや執筆者名で内容・目次を検索できます。
★在庫切れの『We』も目次を掲載しています。注文はお受けできませんが、お近くの図書館や女性センターの図書室等でご覧ください。
★2004年度以前の『We』については、お問い合せください。
  • We163号(2009年12・1月号)
    We163号(2009年12・1月号)
    691円
    特集:楽になるためのしくみを作ろう 
    【Weフォーラム報告】竹信三恵子さん
    女が働きやすい社会は男も幸せになれる!
    【Weフォーラム報告】原田正治さん
    赦(ゆる)せないからこそ、会いに行く 
    【インタビュー】藤本卓さん 
    あきらめない教師たちのリアル[2]
  • We162号(2009年10・11月号)
    We162号(2009年10・11月号)
    691円
    特集:楽になる道を探そう 
    【インタビュー】山森亮さん
    ベーシックインカム─生きていることがすなわち労働
    【カフェミックス報告】鈴木水南子さん・栗田隆子さん
    アリもキリギリスも生きていける社会はつくれるのか[2] 
    【インタビュー】藤本卓さん 
    あきらめない教師たちのリアル[1]
  • We161号(2009年8・9月号)
    We161号(2009年8・9月号)
    691円
    特集:大いばりでいこう! 
    【講演録】宮袋季美さん
    いろんな人をぐるぐる巻き込んでつくるごった煮ワールド!
    【カフェミックス報告】鈴木水南子さん・栗田隆子さん
    アリもキリギリスも生きていける社会はつくれるのか[1]  
    【インタビュー】関口祐加さん
    私たちはなぜダイエットをするのか
  • We160号(2009年6・7月号)
    We160号(2009年6・7月号)
    691円
    特集:アートの力 
    【インタビュー】いちむらみさこさん  
    がんばれば楽になれる?─ブルーテント村に住んで
    【インタビュー】岩田守雄さん
    障がいのある人たちの暮らしを撮り続けて
    【インタビュー】浅葉和子さん 
    夢を描いて生きる
    【寄稿】花崎攝さん
    女性のためのワークショップ:「パサレラ」日本版の試み 
    ─パトリシア・アリサを迎えて
  • We159号(2009年4・5月号)
    We159号(2009年4・5月号)
    691円
    特集:軽やかに、連帯
    【インタビュー】鴨桃代さん
    当事者の視点に立ったワークシェア
    一緒にやれることが一つでもあれば、それが力になる
    【インタビュー】コーキー・サリーさん
    カンボジアで学校をつくる
    たった一人でも変化を起こすことができる
  • ベーシックインカムは希望の原理か
    ベーシックインカムは希望の原理か
    1,296円
    1,500円+税1,200円+税

    編集:フェミックス A5判 112ページ
    著者:白崎一裕・小沢修司・山森亮・堅田香緒里・稲葉剛・竹信三恵子・西川正

    人間や労働の価値をお金だけで考えるのをやめる

    ベーシックインカム(BI)とは、「人間として尊厳ある生活を営むためのお金を、水や空気と同じように、無条件ですべての個人に保障する」という政策構想です。

    「働くこと」と「生きるために必要なお金を得ること」を切り離していいのではないか

    《誰もが安心して生きられる仕組み》を実現するためにどうしたらいいかを探って『We』が一年かけて特集した記事をまとめました。BIについて様々な切り口からアプローチした、これ1冊でBIのエッセンスがわかると好評です。
  • 障害児もいるよ ひげのおばさん子育て日記
    障害児もいるよ ひげのおばさん子育て日記
    1,296円
    1,600円+税1,200円+税
    著者: 中畝常雄・中畝治子 A5判並製 160ページ

    この本は、重度の障害児の長男・祥太くんと二人のきょうだいを、日本画家の仕事と家事・育児を妻と交替しあい、周りの手助けも引き込んで育てた「ひげのおばさん」こと、中畝常雄さんの子育て奮戦記です。
  • わたしのニキ(個人価格)
    わたしのニキ(個人価格)
    4,320円
    販売: フェミックス(「ニキ美術館サポーターズ・クラブ」事務局) 
    2007年度作品(90分)

    ニキ美術館は造形作家ニキ・ド・サンファルの作品に魅せられた増田静江さんが 1994年に那須の別荘地に建てた、世界でただひとつの、ニキの作品だけを集めた美術館(2009年8月末をもって閉館)。
  • わたしのニキ(ライブラリー価格)
    わたしのニキ(ライブラリー価格)
    32,400円
    ★ライブラリー版:購入者による無償貸出や無料上映会が可能です
    販売: フェミックス(「ニキ美術館サポーターズ・クラブ」事務局) 
    2007年度作品(90分)

    ニキ美術館は造形作家ニキ・ド・サンファルの作品に魅せられた増田静江さんが 1994年に那須の別荘地に建てた、世界でただひとつの、ニキの作品だけを集めた美術館(2009年8月末をもって閉館)。
  • 「ジェンダー論」の教え方ガイド
    「ジェンダー論」の教え方ガイド
    1,296円
    著者: 沼崎 一郎 A5判 128ページ

    ある日突然女子大で「ジェンダー論」を教えることになった著者。しかし、ありきたりの「ジェンダー論」が嫌いな著者が、大教室のマスプロ授業で、私語と携帯メールに余念がない学生たちを相手に、試行錯誤の授業の末たどり着いた結論は、「ジェンダー」にまつわるテーマのなかで一番重要なのは、彼女たちが性暴力や DVの被害者になることを防ぐための実用的な性教育であるということだった。

(全商品:107点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索