商品一覧

☆★クレジット払いが可能になりました☆★
クレジットカード会社はVISA,MASTERがご利用出来ます。

■ ご注文方法 ■

【1】購入される場合は、数量を確認のうえ「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。カートに商品が入ると、「カートの中身」が表示されます。

【2】数量の変更やカートからの削除は「カートの中身」をクリックした画面でおこなえます。

【3】「レジに進む」と、お客様情報の入力にうつります。
※印の必要事項を記入し、右下の「オーダー確認」ボタンをクリック、記入内容をご確認のうえ、「オーダー送信」ボタンを押してください。

★ギフト購読など、ご注文者とお届け先が違う場合、また領収書の発行ご希望などは【備考】欄にご記入ください。

★以下の検索ボックスで記事タイトルや執筆者名で内容・目次を検索できます。
★在庫切れの『We』も目次を掲載しています。注文はお受けできませんが、お近くの図書館や女性センターの図書室等でご覧ください。
★2004年度以前の『We』については、お問い合せください。
  • ジソウのお仕事 50の物語(ショートストーリー)で考える子ども虐待と児童相談所
    ジソウのお仕事 50の物語(ショートストーリー)で考える子ども虐待と児童相談所
    1,980円
    発行日 1月10日 予約受付中です。 



    子ども虐待について考えてほしい。 
    子どもたちとその家族の姿を知ってほしい。 
    そして、ジソウ(児童相談所)とそこで働く人たちの思いや葛藤を伝えたい。

    児童福祉司の体験から綴られた50の物語(ショートストーリー)と、子ども虐待と児童相談所の解説から構成しました。
    児童相談所で働く人たちの「日常」の姿を伝える1冊です。 


    ぜひ、手に取ってお読みください。 

    プロフイール
    【50の物語を執筆】
     青山 さくら(あおやま・さくら) 
    児童相談所児童福祉司。隔月刊誌『くらしと教育をつなぐWe』(フェミックス)に2009年4月から「ジソウのお仕事」の連載を続けている。 

    【解説とまとめを執筆】
    川松 亮(かわまつ・あきら)

    明星大学人文学部福祉実践学科常勤教授、社会福祉士。東京都に福祉職として就職し、知的障がい児施設、児童養護施設、児童自立支援施設で勤務の後、児童相談所に児童福祉司として勤務。その後、厚生労働省児童福祉専門官、子どもの虹情報研修センター研究部長を経て現職。全国児童相談研究会運営委員、「なくそう! 子どもの貧困」全国ネットワーク世話人、認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事等。共著に『シリーズ子どもの貧困5 支える・つながる』(明石書店、2019) 、『子どもの貧困ハンドブック』(かもがわ出版、2016)、『児童相談所はいま 児童福祉司からの現場報告』(ミネルヴァ書房、2012)等
  • 学校とゆるやかに伴走するということ
    学校とゆるやかに伴走するということ
    1,650円
    著者:石川 晋


    一緒に迷いながら考えていくことのできる1冊です。

    2017年春に公立中学校を退職した著者が、全国の様々な学校を年間120校余り訪問し、授業や研修会などを通して、学校や先生たちに<伴走>しながら考えたことを綴った1冊。学校と子どもたちの様子だけでなく、教師教育(学)やアクティブラーニングなどにも言及。学校を取り巻く環境の厳しさが増す中、それでも現場での若手とのかかわりの中に希望を見出す著者の<伴走>の物語です。若手教育家・武田緑さんとの対談も。 
     *『学校でしなやかに生きるということ』(2016年)の続編になります。
  • ひまわりの日々 食からひろがる地域のつながり
    ひまわりの日々 食からひろがる地域のつながり
    1,760円
    著者:入江 一惠



    本書は『くらしと教育をつなぐWe』に12年間連載された「ひまわりの日々」に、書き下ろしを加えてまとめたものです。

    「食はいのち、高齢者の食を地域で支える」という入江さんとその仲間たちの熱い思いの実践の場、「ふれあい食事処 明舞ひまわり」を舞台に、ふれあい食堂・配食・見守り、相談事業やまちづくりなど、15年間にわたる活動の集大成が描かれています。

    〈食〉を通じた人との出会い、地域のつながり、泣き笑いのエピソードに思わずほろりとして、希望を感じる一冊です。
    高齢化社会が進む中で全国的に緊急な課題となっている「誰もが安心して暮らせる、共生のまちづくり」の先進事例として注目される試みです。ぜひお手に取ってお読みください。





    1章 スタッフは玉手箱 〜ひまわりのスタートから1年半 
    2章 人が物を呼び、物が人を呼ぶ 〜助成期間を終え、自立をめざす 
    3章 新たな出発  〜個の尊厳を基調に
    4章 食べることは生きること  〜高齢者の食を地域で支える  
    5章 新たな決断の時 〜団地再生計画と地域生活支援サービスの狭間で
    6章 〈食〉の支援をつなぐ力に 
    7章 新店舗オープン  〜花吹雪に迎えられ
    8章 これからのひまわり  〜課題と展望  
    附章 資料編

    おわりに 
  • 『We』ギフト購読(年6冊)
    『We』ギフト購読(年6冊)
    5,700円
    毎号の『We』をご指定のお届け先へ、お送りします。

    ギフトご注文の際には、お届け先のお名前・ご住所を、注文書の【備考】欄にご記入ください。送料は含まれています。

    ご希望の号よりお送りします。「この号から」と注文書の【備考】欄にご記入ください。




  • 『We』定期購読(年6冊)
    『We』定期購読(年6冊)
    5,700円
    『We』は偶数月10日発行の雑誌です。

    全国どこでも直接お届けします。
    毎号の『We』を発行日にご自宅や職場へ直接お届けします。送料が割引になり、お買い忘れもありません。送料は含まれています。

    ご希望の号よりお送りします。「この号から」と注文書の【備考】欄にご記入ください。

    ギフトご注文の際には、お届け先のお名前・ご住所を注文書の【備考】欄にご記入ください。

  • 木村榮さん『女友だち』『病は道連れ』2冊セット
    木村榮さん『女友だち』『病は道連れ』2冊セット
    1,320円
    木村榮さん『女友だち』『病は道連れ』2冊セットで1,296円(送料込み)

     女としての生き難さや自立の問題を終生模索し続け、小誌でも江戸っ子の粋とウィットで魅了するエッセイを執筆してくださったフリーライタ―の木村栄さんが亡くなられて4年。今読み返してみてそのメッセージが心に響く“シスターフッド”と“病と道連れの人生”がテーマの2冊を、特別価格でお届けします。プレゼントにもご活用ください。
     


    「女友だち」四六判並製・192頁 定価1,500円+税 
    「ちょっと手を伸ばせば届く"友だちのいる人生"を手に入れて、女たちに元気に生きてほしい」という木村さんの思い、ユーモラスに描かれる友だち関係のエピソード、《女の友情》の視点から読み解く映画や本の一コマ…それらが織りなされた、味わい深いエッセイです。
     
    「病は道連れ」四六判並製・ 208ページ・定価1,200円+税
    木村榮さんががんと共に生きる日々の中で書き遺したのは、生き難さを抱え<病>に翻弄されることの多かった自らの人生の意味と、自分は最後にそれをどうやって受け入れ、肯定していけるのだろうか、という問いをめぐっての物語でした。パンドラの箱を開けた底に残る<希望>のように、読み終わった後に澄み切った明るさが広がります。

  • We223号(2019年12・1月)
    We223号(2019年12・1月)
    913円

    特集:

    まじりあう場をデザインしよう


    【寄稿】花崎 攝さん
    演劇ワークショップ「てがみ」のこと



     【お話】西川 正さん

    遊び/あそびでコミュニティを再生する



    ※定期購読のみなさまには11/26(火)に発送します。
  • We222号(2019年10・11月)
    We222号(2019年10・11月)
    913円

    特集:

    あなたもわたしも無力じゃない


    【お話】齋藤 瞳さん
    住まい探しのあとも見守る、町の不動産屋さん



     【お話】坂本菜の花さん

    アンテナを張って自分の場所で生きよう
    「菜の花の沖縄日記」で種をまく



    ※定期購読のみなさまには9/24(火)に発送します。
  • We221号(2019年8・9月)
    We221号(2019年8・9月)
    913円

    特集:

    生きていてよかったと思える社会をつくる


    【お話】武田信子さん
    コミュニティワークを学ぼう

    折り合いをつけながら問題を解決する

     【お話】岡田めぐみさん・鹿目久美さん・松本徳子さん

    原発事故から8年、立場を越えて支え合う



    ※定期購読のみなさまには7/30(火)に発送します。
  • We220号(2019年6・7月)
    We220号(2019年6・7月)
    913円

    特集:

    今この瞬間をたのしむ


    【インタビュー】加納 土さん
    「普通」って何? 「家族」って何?

    ー 交流をうながす映画「沈没家族」

     【お話】菅原 直樹さん

    感情に寄り添うだけでいい
    ー「老いと演劇」のワークショップに遊びにいった



    ※定期購読のみなさまには5/28(火)に発送します。

(全商品 : 127点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索