商品一覧

☆★クレジット払いが可能になりました☆★
クレジットカード会社はVISA,MASTERがご利用出来ます。

■ ご注文方法 ■

【1】購入される場合は、数量を確認のうえ「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。カートに商品が入ると、「カートの中身」が表示されます。

【2】数量の変更やカートからの削除は「カートの中身」をクリックした画面でおこなえます。

【3】「レジに進む」と、お客様情報の入力にうつります。
※印の必要事項を記入し、右下の「オーダー確認」ボタンをクリック、記入内容をご確認のうえ、「オーダー送信」ボタンを押してください。

★ギフト購読など、ご注文者とお届け先が違う場合、また領収書の発行ご希望などは【備考】欄にご記入ください。

★以下の検索ボックスで記事タイトルや執筆者名で内容・目次を検索できます。
★在庫切れの『We』も目次を掲載しています。注文はお受けできませんが、お近くの図書館や女性センターの図書室等でご覧ください。
★2004年度以前の『We』については、お問い合せください。
  • 女友だち
    女友だち
    1,620円
    著者:木村榮 / 四六判 / 192ページ / 1,620円

    女同士の支えあいに希望を託す「女友だち」の物語


    「ちょっと手を伸ばせば届く"友だちのいる人生"を手に入れて、女たちに元気に生きてほしい」という木村さんの思い、ユーモラスに描かれる友だち関係のエピソード、《女の友情》の視点から読み解く映画や本の一コマ…それらが織りなされた、味わい深いエッセイです。
  • We185号(2013年8・9月号)
    We185号(2013年8・9月号)
    777円
    特集:来て、感じて、伝えてほしい

    【お話】佐藤健太さん、市澤美由紀さん
    福島の「これから」を考える旅 Re:trip

    【お話】関根彩子さん
    身近な家電メーカーが原発をつくっている

    【寄稿】小園弥生さん
    「乙女ハウス」の小さな記録

  • We184号(2013年6・7月号)
    We184号(2013年6・7月号)
    777円
    特集:伝えることをあきらめない

    ※特集内容についてのご紹介※

    【お話】大富亮さん
    電気代一時不払いで、原発にNOと言う

    【インタビュー】堀江まゆみさん
    発達障害の人たちの支援
    ― 違いを認めあってポジティブに生きる

    【インタビュー】前田康弘さん
    累犯障害者の支援
    ─ 司法から福祉への架け橋
  • We183号(2013年4・5月号)
    We183号(2013年4・5月号)
    777円
    特集:ひとつに縛られない
    ※特集内容についてのご紹介※

    【インタビュー】槙邦彦さん 
    勝ち犬・負け犬じゃない、狛犬だぜ!
    ─ 社会の中に生きていく場所がそれぞれに見つかればいい

    【お話】菅野哲さん
    一人ひとりが選べる選択肢がほしい
    ─ 飯舘村はいま

    【報告】元被曝労働者ごぼうさんのお話
    ─原発事故現場と私たちをつなぐもの
  • We182号(2013年2・3月号)
    We182号(2013年2・3月号)
    691円
    特集:地域でゆるやかに支えあう


    ※特集内容についてのご紹介※

    【インタビュー】丸尾多重子さん 
    楽しく生きていきたいよね
    ─つどい場さくらちゃんの日々

    【お話】牧野賢一さん
    グループホームは地域福祉の拠点
    ―就労援助付グループホーム「下宿屋」の試み

    震災後を生きる
    【寄稿】下地真樹さん
    震災がれき受け入れになぜ反対するのか
  • We181号(2012年12・1月号)
    We181号(2012年12・1月号)
    691円
    特集:それぞれの私を生きる

    ※特集内容についてのご紹介※

    【お話】日塔 マキさん
    ガールズからガールズへ
    ─福島20代女子たちの「ピーチハート」

    【寄稿】北村みどりさん
    今 そして これからをたいせつに生きるために
    ―みんなの放射線測定室「てとてと」

    【お話】西村 理佐さん
    いま、そこに在るいのち
  • We180号(2012年10・11月号)
    We180号(2012年10・11月号)
    691円
    特集:分断を超えて

    ※特集内容についてのご紹介※

    【Weフォーラム報告】武藤類子さん、吉野裕之さん、白崎一裕さん
    福島を生きるということ

    【Weフォーラム報告】坂内智之さん、山本理さん
    放射線の授業をつくる
    ─放射線について、子どもたちに、何をどう伝えたらいいの?

    【お話】古居みずえさん
    パレスチナ、そして福島へ
  • We179号(2012年8・9月号)
    We179号(2012年8・9月号)
    691円
    特集:"希望"を集めて流れを変える

    ※特集内容についてのご紹介※

    【お話】佐々木 真理さん(チェルノブイリ子ども基金
    チェルノブイリは今も続いている

    【お話】花岡 和佳男さん(国際環境NGOグリーンピース・ジャパン
    海から食卓へ拡がる放射能汚染

    【お話】上野 千鶴子さん、木村 榮さん
    女友だちはおもしろい

    【インタビュー】平川 和子さん
    女たちから女たちへ──24時間ホットラインのスタート
  • We178号(2012年6・7月号)
    We178号(2012年6・7月号)
    691円
    特集:「当たり前」を問い直す

    ※特集内容についてのご紹介※

    【インタビュー】刀川和也さん(映画監督)
    人との関係の中で、人は生きていける
    ─ドキュメンタリー映画「隣る人」

    【お話】吉成邦市さん(天栄米研究会)
    米の放射能汚染ゼロへの挑戦─安全でおいしい米づくり

    【インタビュー】竹信 三恵子さん
    賃金差別─「当たり前」がつくる錯覚
  • We177号(2012年4・5月号)
    We177号(2012年4・5月号)
    691円
    特集:つながるために耳をすます

    ※特集内容についてのご紹介※

    【インタビュー】吉野裕之さん(子ども福島
    みみをすます
    ─ゆるやかにつながって放射能から子どもたちを守る

    【寄稿】花崎攝さん
    演劇で動き出す力を
    ─ロンドンの女性劇団、クリーン・ブレーク(Clean Break)の活動

    【インタビュー】下郡山和子さん
    ありのままで生きていける社会を
    仙台つどいの家の試み

    【インタビュー】貞末麻哉子さん(映画「普通に生きる」プロデューサー)
    この社会の誰にとっても大切なこと

(全商品:110点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索