商品一覧

☆★クレジット払いが可能になりました☆★
クレジットカード会社はVISA,MASTERがご利用出来ます。

■ ご注文方法 ■

【1】購入される場合は、数量を確認のうえ「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。カートに商品が入ると、「カートの中身」が表示されます。

【2】数量の変更やカートからの削除は「カートの中身」をクリックした画面でおこなえます。

【3】「レジに進む」と、お客様情報の入力にうつります。
※印の必要事項を記入し、右下の「オーダー確認」ボタンをクリック、記入内容をご確認のうえ、「オーダー送信」ボタンを押してください。

★ギフト購読など、ご注文者とお届け先が違う場合、また領収書の発行ご希望などは【備考】欄にご記入ください。

★以下の検索ボックスで記事タイトルや執筆者名で内容・目次を検索できます。
★在庫切れの『We』も目次を掲載しています。注文はお受けできませんが、お近くの図書館や女性センターの図書室等でご覧ください。
★2004年度以前の『We』については、お問い合せください。
  • わたしのニキ(個人価格)
    わたしのニキ(個人価格)
    4,320円
    販売: フェミックス(「ニキ美術館サポーターズ・クラブ」事務局) 
    2007年度作品(90分)

    ニキ美術館は造形作家ニキ・ド・サンファルの作品に魅せられた増田静江さんが 1994年に那須の別荘地に建てた、世界でただひとつの、ニキの作品だけを集めた美術館(2009年8月末をもって閉館)。
  • わたしのニキ(ライブラリー価格)
    わたしのニキ(ライブラリー価格)
    32,400円
    ★ライブラリー版:購入者による無償貸出や無料上映会が可能です
    販売: フェミックス(「ニキ美術館サポーターズ・クラブ」事務局) 
    2007年度作品(90分)

    ニキ美術館は造形作家ニキ・ド・サンファルの作品に魅せられた増田静江さんが 1994年に那須の別荘地に建てた、世界でただひとつの、ニキの作品だけを集めた美術館(2009年8月末をもって閉館)。
  • 「ジェンダー論」の教え方ガイド
    「ジェンダー論」の教え方ガイド
    1,296円
    著者: 沼崎 一郎 A5判 128ページ

    ある日突然女子大で「ジェンダー論」を教えることになった著者。しかし、ありきたりの「ジェンダー論」が嫌いな著者が、大教室のマスプロ授業で、私語と携帯メールに余念がない学生たちを相手に、試行錯誤の授業の末たどり着いた結論は、「ジェンダー」にまつわるテーマのなかで一番重要なのは、彼女たちが性暴力や DVの被害者になることを防ぐための実用的な性教育であるということだった。
  • We158号(2009年2・3月号)
    We158号(2009年2・3月号)
    691円
    特集:自立とはつながりの中で生きること
    【インタビュー】鶴田桃エさん
    孤立から群れへ、群れから個立へ
    【お話】スサン・シュークヴィストさん
    それでもあなたはわたしと一緒にいる
    ―スウェーデンの子どもたち31人の手記
    【お話】康玲子さん
    私には浅田先生がいた
    ―「在日」の「女性」として生きること
    【インタビュー】梶屋大輔さん
    年越し派遣村―日比谷で年末年始を生き抜く
  • We157号(2008年12・1月号)
    We157号(2008年12・1月号)
    691円
    特集:こんな生き方あってもいいなぁ
    【お話】天野耕太さん
    ぼくは13歳でベンポスタ子どもサーカスに行った
    【インタビュー】新井ちひろさん
    そして、どう生きる?
    【インタビュー】青木和広さん
    エンディングプランナーというサービス業
  • We156号(2008年10・11月号)
    We156号(2008年10・11月号)
    691円
    特集:安心して絶望できる人生
    【シンポジウム】清水里香さん・山本賀代さん・川村敏明さん
    べてる流生き方のススメ
    一人ひとりが大事にされ、支えあって生きていくためのヒントを探そう
  • We155号(2008年8・9月号)
    We155号(2008年8・9月号)
    691円
    特集:風穴をあけよう
    【お話】南雲明彦さん
    自分の「根っこ」を見てほしい
    【お話】加藤真優さん
    発達障がい者のきょうだいとして
    【インタビュー】石井志昴さん
    学校に行かなくても生きていけると伝えたい 
  • We154号(2008年6・7月号)
    We154号(2008年6・7月号)
    691円
    特集:「違い」を認めながら連帯すること
    【インタビュー】栗田隆子さん
    いいかげんであろう、と思った
    ―修道院と『フリーターズフリー』 
    【インタビュー】砂川秀樹さん
    カミングアウト―つながるために、自分をひらく
    【インタビュー】原美奈子さん
    セクマイ流「国に意見する方法
  • We153号(2008年4・5月号)
    We153号(2008年4・5月号)
    691円
    特集:安心して暮らせる社会をつくる
    【インタビュー】湯浅誠さん
    私たちはもっと怒っていい
    ―貧困は自己責任ではない
    【寄稿】中村英之さん
    借金しないですむ社会を想像する
    【インタビュー】夏目幸子さん
    グループリビングのすすめ
  • We152号(2008年2・3月号)
    We152号(2008年2・3月号)
    691円
    特集:コミュニティワーク
    【インタビュー】武田信子さん
    コミュニティをエンパワーする 
    【インタビュー】座間智子さん
    地域での活動が原点
    ―ザンビアでHIV対策にかかわって
    【インタビュー】竹沢佐知子さん
    自分サイズの起業を応援する

(全商品:110点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索